ニュース

ドミノピザ20分保証宅配にUberEATS配達員が物申す

ドミノピザが打ち出した20分保証宅配、“ミッション20ミニッツ”とかいう危険すぎるサービス。
デリバリー業界の一員、UberEATS配達員として思わず反応してしまったため、サクッと意見を述べてみた。
 

 

『あの〜・・・配達20分以内って。。相当…よ!? 』

まずとっさに思った。いくらドミノピザが持つ最新のテクノロジーや現場のオペレーション・ノウハウがマッチして、たとえ「十分に可能なこと」だとしても…しても、よ?
 
現場の意見もしっかりと隅々まで経営陣は聞いたのか?と思わざるをえない。20分間という時間の制約を受ける従業員にとっては負担を強いられるのは目に見えています。
 
店舗内のインストアスタッフとデリバリースタッフ、双方ともに完全な「ノルマ」が課せられた状態は、商品の品質と、配達の安全性の2つが危ぶまれるのでは?と誰もが思うはずです。確かにアツアツのピザで、受け取った瞬間に箱ごと熱かったら、ちょっとした感動はそこにあるかもしれない。
 
ただ個人的な感覚からすると、「今までの30分以内でも十分じゃね?と思うのはもちろん、追加料金200円を払って20分以内に受け取りたいという状況って…?どんな状況?」
 
全く無くもないだろうが、
 
『いやいや…そんな急ぐ状況ならばピザ食ってる場合じゃなくね?』
 
 
と思うわけですよ。死ぬほど熱々のピザを食べたい時以外に、そんなに多くのニーズがあるとは思えないんだけどな。
 

 
 
実際はどうなんでしょうね?疑問。
ただ一定数の重要はあり利用者の利便性は増すのかもしれないし、数字だけを見れば…LTV(Life Time Value=顧客生涯価値=顧客が生涯を通じて企業にもたらす利益のこと)は向上するのかもしれませんね。
 
 
それよりも現場社員やアルバイトスタッフの本音の意見も聞いてみたいところ。特にUberEATSの配達をしている僕からすれば、都心の道路混雑を日々見ている中での「20分以内の配達」は相当なプレッシャーやなぁ。。と感じるわけです。渋滞とは関係なさそうな、
 
チャリでですよ?笑
 
 
焦りは事故につながる。配達員として道路を走る上で“安全第一”なのはどこも一緒であり、「20分配達保証」導入により道交法違反や交通事故が増える要因になれば、それこそ大問題に発展します。
 
業界のスタンダードやら、更なる一歩進めたサービスもいいですが・・どうなることやら。配達員として他人事とは思えず心配になりました。
 
ちなみにUberEATSの配達で20分の宅配保証は…完全な無理ゲーです。笑 と予めこの場でお客様にお伝えしておきます。(配達員は店舗常駐ではありません。お客様が注文後、集荷に向かう時間が100%発生するためです。)
 
 
The following two tabs change content below.
〝自分らしい生き方〟を真剣に考えた結果、30代中盤を目前に控えて2017年9月、サラリーマンの世界から離脱。現在はUberEATSの配達員をしながらインターネットのメディアを構築、情報発信中。テーマは「雇われずにごはんを食べていける個人を増やすこと。」僕ができることから始め、僕にしかできないことを見つけ、〝自分らしく生きる〟を広めていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. ネットでごはんを食べると言うこと
  2. なぜアフィリエイトなの?
  3. ウーバーイーツの1000円割引クーポンが増殖し始めて1カ月の経過報告
  4. 【注意喚起4選】情報商材インテリジェンス
  5. 【行動できない続かない理由】1年で結果が出なかった僕が解説します

関連記事

  1. ニュース

    UberEATS配達員も3秒で虜になった月額1980円のReduce GOが脅威すぎる

    Uberの配達を始め、ようやく仕事にも慣れ始めていたであろう9月某日、…

  2. ニュース

    【ウーバーイーツ】×モバイルバッテリーシェアリングサービスはいかが?

    こんにちは、ばっしー(@torui11)です。つい先日の10月2日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去記事

今週の人気記事【 7 】

おすすめ記事

気軽に質問・メッセージ受付中!

友だち追加

アメリカで活躍中!Uberドライバーに注目

インプットで差をつける▽

  1. 戦略・思考

    【行動できない続かない理由】1年で結果が出なかった僕が解説します
  2. UberEATS

    最近のUberEATSの変化と依存リスク
  3. UberEATS

    UberEATSの配達だけを続けても本当の自由にはなれない
  4. 戦略・思考

    ネットでごはんを食べるための掟その1
  5. 運営実績

    ブログ歴1年でこの数字でもあなたは逃げ出しませんか?【実績公開】
PAGE TOP