副業でUber Eats配達パートナーの収入は1週間で??円【完全公開】

 
 
☆本題に入る前に最新UBERニュースのお知らせ。
 
 

 

一部エリアで朝9時〜夜24時まで営業ということで、
注文者様には朝のモーニングや遅めの夜食なども楽しめる様になりました!
逆に配達パートナーは営業時間の拡大に伴い、収入を得るチャンスも広がりましたね。
〈対象店舗例(一部)〉
 
 
 
それでは本題へ。
この記事では、Uber Eatsの配達パートナーを副業で始めた場合に、1週間でどのくらいの収入になるのか。
実際に副業を前提に1週間の配達をしてみた詳細を公開してみます。
 
 
このお仕事の最大のメリットとしてあげられるのは、やはり自分の好きな時に稼働し、収入を手にできることに尽きると感じています。そして好きなタイミングで終わることが可能な点もGood!
副業として始めるにはまさに最高だと僕自身は思っています。サラリーマンはもちろん、学生、フリーター、主婦、個人事業主、ミュージシャン、脱ニート、落語家、など様々な人が活躍中です。
 
中には、50代以上と思われる女性の自転車配達パートナーの方なんかも見かけ、自由に収入を手にできる時代なんだなぁと、改めて気づかされます。
 
 
副業・サイドビジネスとして始めるには、
本当におすすめできるお仕事です。
まだUber Eatsを知らないという場合はコチラへ▽
■1日4〜5時間、週6日稼働してみた結果
 
 
今回、木曜日を中日として休みに設定。
前後3日ずつ「月火水」と「金土日」の週6日の稼働を試してみました。
 
 
一般的なサラリーマンで考えると、日中の会社勤務終了後に、
一度帰宅し、副業として夜4〜5時間の稼働をすることは結構ハードルが高いと思われます。
特に自転車での配達となると、疲れている日なんかは、体力と精神力が問われるわけです。
 
その分、土日祝日など休みの日の時間を有効活用することで、
月の収入プラス@としてお小遣いや趣味、生活費や貯蓄などに充てても良いわけですし、
Uber Eatsの副業収入を余剰資金として、投資へ回すことだって可能になります。
 
 
 
学生やフリーター、主婦の方であればこの位の稼働・時間数であれば、
わりと副業レベルで無理なくこなせるかなと個人的に思います。

月曜日夕方〜夜

 

■時給換算=¥5565÷4.5h=1236円
■乗車=配達件数/12件 ※日ごとの売り上げで表示されている件数は10件ですが、
 ダブルピック(1店舗で2件の注文)を含む金額表示があるためです。
■走行距離/44.3km ※UBERアプリのオンライン前・オフライン後、及び徒歩も全て含む総移動距離。
■稼働時間/4時間31分 ※UBERアプリ起動時間。時間(04:58:38)は赤チャリ乗車時間の合計。

 

火曜日:夕方〜夜

 

■時給換算/1108円
■配達件数/8件
■走行距離/43.6km
■稼働時間/4時間12分

水曜日:夕方〜夜

 

■時給換算/1234円
■配達件数/11件
■走行距離/34km
■稼働時間/4時間30分

金曜日:正午〜夕方

 

■時給換算/854円
■配達件数/8件
■走行距離/37.6km
■稼働時間/4時間42分

土曜日:夕方〜夜

 
そしてこの日、週末特別インセンティブが発生。
〈※↓タップで拡大〉
 
夜のピーク時間に計7件の配達を完了しているので、赤枠内のプロモーション(インセンティブ)が加算。
750+750=1500円の追加報酬。
 
よって1日の報酬合計は、4770+1500=6270円
 

■時給換算/1672円
■配達件数/7件
■走行距離/35.1km
■稼働時間/3時間48分

日曜日:午前中〜昼過ぎ

 
 
昨日に続き日曜日も週末特別インセンティブが発生。
〈※↓タップで拡大〉
 
12件の配達を完了したので、赤枠内のプロモーション(インセンティブ)が加算。
1600+800=2400円の追加報酬。
 
よって1日の報酬合計は、7368+2400=9768円
 

■時給換算/1953円
■配達件数/12件
■走行距離/34.7km ※測定アプリを開始時に起動し忘れたため、実際もう少し走ってます。
■稼働時間/5時間8分 ※赤チャリ乗車時間が03:42:28と少ないのも、測定アプリの起動忘れが原因。

 

☆結果発表
・平均時給換算値:およそ1342円
・平均稼働時間:およそ4時間48分/日

・平均配達件数:9.6件/日
・平均移動距離:およそ38.2km/日
・週の売り上げ(配達+ブースト+特別インセンティブ):35930円
・時給換算値:854円〜1953円
・配達件数合計:58件
・走行距離合計:229.3km ※オフライン時、徒歩含む
・稼働時間合計:26時間53分 ※オンライン時間のみ

 

終わりに

こうして振り返ってみると、副業として1日4〜5時間は少し難しいかな?
とは思いますが、平日、会社勤務が終わって2〜3時間。
休日はもう少し長めか1日・2日稼働をするだけで、
これに近い数字は出ると思います。
 
 
ただし配達している地域が都心部のため、
他の地域になってくると変わってくる可能性もあります。
そして配達する地域、時間帯、天候、インセンティブなどで金額は変わりますし、
個々の体力、評価や実績により、インセンティブ発生頻度やブーストの倍率も違う様です。
 
よって、ここでの数字は参考程度に考えて頂ければ幸いです。
 
 
 
副業として週に30000円以上の収入。
会社員の副業でも月で10万円程度は普通に狙える数字です。
今の月収にあと10万円プラスとなると…
 
ライフスタイルも少し変わってきませんか?
 
 
 
まるでサイクリングの延長で好きな時に、自由に稼ぐことができるのも魅力の1つです。
Uber Eatsの配達パートナーを副業や兼業で、または本業や軸にして新しい道を探ってみることも、
賢い選択肢だと僕は思いますよ。
 
ご興味があればコチラをタップして覗いてみて下さいね↓↓
 
 
 
 
そして今回、自分で最も驚いたのが移動距離。
普通に、1日平均40kmくらいを自転車で走ってるという…
 
普通じゃないですね。
 
1日あたりどの位走ってるんだろうーと、ふと思い立ち、
ロードバイク用のアプリをダウンロードしました。
使ってみると、様々なデータが可視化されなかなか面白いのと、
モチベーションにも繋がっていますよ。
 
▼UBERで計測する程度なら無料版で十分だと思います。

Runtastic ロードバイク記録サイコンアプリ – runtastic

 
 
 
 
PS.
 
ちなみに1日全力で配達に没頭すると、こんな数字を出せます。
 
 
 
 
 
アスリートかよ・・・
 
 
この日の売り上げとインセンティブはこんな感じ。
22件の配達を完了したので、3600円の追加インセンティブ報酬。
よって1日の報酬合計は、11298+3600=14898円
 
赤チャリでこれくらいの数字が出るので、
クロスバイクやロードバイクならこれ以上の数字は出せると思います。
 
 
12月より東京では渋谷区、港区の営業時間の拡大も発表されたので、
フル稼働をそのうち挑戦してみようかなと…。
 
 
結構な勇気と根性が必要ですけどね。笑
 
 
 
ちなみに・・
UBER原付バイク(125cc以下)の配達パートナーの場合は、
 
 
1日頑張ればインセンティブ(クエスト)なしでも、この位の収入にはなるみたいです。
バイクの場合は長距離ピック(集荷)&ドロップ(配達)もあるのが特徴。
 
1件配達あたりの報酬単価はバイクの方が高くなる傾向にあります。がしかし、東京都内での道路事情を考慮すると慣れないうちは大変そうです。特に注意しなければならないのが駐禁ですね。
 
 
 
 
そしてUber Eats配達パートナーの中でもおそらく僕が見た中で、
トップクラスに稼ぐ原付バイク(125cc以下)配達パートナー様はこの位、
 
 
 
モンスター級かよ・・・
 
1週間の売り上げ。
そのかわり稼働時間も半端ないですけどね…僕にはちょっと真似はできません。
 
 
 
 
 
 
PPS.

 

 
今回の記事のタイトルにもなっているUber Eats配達パートナーの1週間の収入は?のファイナルアンサーは【35930円】となります。(※配達報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)しかし…それは“配達オンリー”での収入。
 
 
配達報酬+@の収入をウーバーイーツから得ると時給換算で3500円程度になる秘密を、『Uber Eatsの配達だけを続けても本当の自由にはなれない』で解説しています。
 
 
 
 
 
すべての配達日報一覧へ▶
 
 

ピックアップ記事

  1. ネットでごはんを食べるための掟その1
  2. Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げないまま消耗してる人へ5つの役立つヒン…
  3. Uber Eats(ウーバーイーツ)アフィリエイトの教科書2.0
  4. 2018年12月のアクセスを公開【PV数とアドセンス収益も公開】
  5. なぜアフィリエイトなの?

関連記事

  1. Uber Eats

    Uber Eatsの配達in中央区エピソード11/23区【またかよ◯◯橋】

    どうも、ばっしーです。「配達23区制覇はどうなったん?」と前から読んで…

  2. Uber Eats

    Uber Eatsの配達in港区エピソード1/23区【インド人に拘束】

    “ウーバーの聖地” 港区Uber Eatsの聖地“港区”。勝手にそ…

  3. Uber Eats

    Uber Eatsの配達in品川区エピソード5/23区 【トラブル勃発】

    この日は、3連休の最終日(2/12稼働)。ウーバーの配達を品川区を中心…

  4. Uber Eats

    Uber Eatsの配達in文京区エピソード13/23区【意外な結果】

    いよいよUber Eatsの配達、東京23区制覇も残すところ半分ほどに…

  5. Uber Eats

    Uber Eatsの配達in千代田区エピソード8/23区 【配達しろよ】

    Uber Eats配達23区チャレンジ8日目は千代田区へ。ちなみに稼働…

  6. Uber Eats

    Uber Eatsが横浜へ、配達時給の最低保証2600円超の衝撃!

    ☆12月4日追記:UBERニュース↓ 12月6日(水)#ウ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

過去記事

今週の人気記事【 7 】

 【a】Uber Eats オーダープログラム

おすすめ記事

気軽に質問・メッセージ受付中!

友だち追加

毎月先着10名様☆必ずもらえる!

アメリカで活躍中!Uberドライバーに注目

インプットで差をつける▽

  1. Uber Eats

    Uber Eats(ウーバーイーツ)の招待コード入力は知人や友人でなければ無効な…
  2. Uber Eats

    最近のUber Eatsの変化と依存リスク
  3. Uber Eats

    Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げないまま消耗してる人へ5つの役立つヒン…
  4. アフィリエイト

    ネットでごはんを食べるための掟その1
  5. 戦略・思考

    【行動できない続かない理由】1年で結果が出なかった僕が解説します
PAGE TOP