Uber Eats

Uber Eatsの配達だけを続けても本当の自由にはなれない

◇ 副業でUber Eats配達パートナーの収入は1週間で??円【続-完全公開】
前回の記事、【完全公開】の続きになります。
まだ読んでいない場合は、先によろしければご覧になってみて下さい↓↓
 
 
 
Uber Eatsの配達パートナーを副業を前提にと言うことで、1日に4〜5時間の稼働。週6日稼働をしてみた結果、配達の売り上げは【35930円】でした。で、実際に口座に
振り込まれた金額は下の画像の通り。あからさまに収入を公開するのも…どうなの?と思う派ですが、【完全公開】と吐いてしまいましたので前回同様、載せることにします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
はい…ドンっ。
 
 
配達の売り上げ金額をはるかに上回る、ご紹介の謝礼。つまり先週は、僕の紹介で始めた2人のUber Eats配達パートナー様が、30回の配達を達成したので、1人につき¥30000円が発生し、報酬として入金されました。
 
 
これが僕のブログのタイトル、ロゴにある通り、Uber Eats×インターネットの真の意味に繋がります。

◇ Uber Eats配達パートナー×インターネット

ウーバーを始める前の会社員の時代から、アフィリエイトについて知識と実践を深めていた僕は、配達パートナーもそうですが、それ以上にこの紹介制度にいち早く注目していました。
 
アフィリエイトの知識を活用できると、まさに直感が働いたんですね。
 
 
 
会社員を辞め、このブログを立ち上げてまだ3ヶ月未満で、さらに僕の超絶マイペース&完璧主義という厄介な性格もあり、記事数もそれほど多くはないのですが、紹介報酬をインターネットから生み出し始めています。
 
 
つまりこのブログは資産に成長したわけです。
 
 
配達という自分の身1つでは限界のある〝労働収入〟に、ネットを活用してレバレッジをかけることで、収入の底上げが可能になるということの、1つの証明になり、僕自身の自信にも繋がっています。
 
 
 
 
1週間の稼働時間はおよそ27時間。収入を時間で割ると、時給換算では3500円程度になります。1日の稼働時間が4〜5時間程度であるにも関わらず、日給は14000円〜17500円相当になる計算です。
 
 
これがネットという武器を使い、レバレッジをかけるという意味になってきます。
 
(※もちろんこのブログを制作・記事の執筆も考慮すれば、相当な時間数を費やしているわけですが、1度作ってしまえば、あとは24時間365日ネット上で収入を生み出し続ける可能性を秘めた資産になるわけです。) 
 
 
 
 
 
少し前のサラリーマンとして会社に雇われていた状態の僕は、会社が定めたルールが生活の軸となり、その狭い世界の中で生きていました。給料も、働く時間も、休日も、そして住む場所さえも…
 
「会社」を中心に形成されている状態です。
 
 
つまりは、会社という組織、地球上にある小さな箱の中で生きている様な感じで、「会社」が決めた〝給料〟という範囲でしか生活の選択権がないということ。
 
 
雇われている状態ってそういうことなんですね。
 
 
この事実に気づき、抜け出したいと強く思った人から順に、ネットという武器を持ち、今どんどんと自分の力で稼ぐという道を歩み始めています。
 
 
そして、その方法を知っているか否かは、ものすごく大きな違いだなと感じるわけです。
 
 

◇ 肉体と時間をお金と交換する労働には限界がある

Uber Eatsの配達パートナーというお仕事は、過去にあまりなかった自由な働き方であり、僕自身、この自由な働き方に大きな魅力を感じ、会社員を辞めて始めたくらいです。
 
ただし、この配達という仕事も「労働」であることには変わりはありませんし、デメリットもあります。
 
 
 
配達エリア内を自由に動き回ることができ、好きな時間にオンとオフを手元のスマホで操作し、やればやった分だけ自分の収入に直結します。
 
しかし、言い換えれば、
 
「 注文が無ければ収入はゼロ 
 
 
当たり前ですが、そういうことでありデメリットでもあると思います。(実際に注文がゼロという日は今のところ1度もありませんが。)
 
 
注文する注文者やその日の天気などに収入は左右され、UBER社の定める報酬体系の範囲でしか収入は受け取ることができません。そして、自分の肉体と時間をお金に変えている労働にすぎないわけです。
 
つまり自分の体と時間を切り売りして収入を得るという点においては、サラリーマンとなんら変わりはないということになります。(この働き方は今までで1番好きですし、配達自体の収入に固執することなく、楽しんでやってます。)
 
 
 
ただこの状態をずっと続けていても、永遠に自由にはなれませんよね。
 
 
そして誰もが持っている「肉体」と「時間」を使う労働なわけですから、当然、価値はあまり高くないと言えます。
 
 
1件の報酬単価や1日の注文数、売り上げに一喜一憂し、いくら必死に上げようと頑張っても、やはり受ける注文数や自分が動ける範囲にも限界があるわけで…慣れてきた頃には当然、収入の上限を感じることになります。
 
 

◇ 知識とスキルをお金と交換し、資産を持つ

それに対し、自分が持つ知識やスキルをお金と交換するという方法があります。こうしたブログなどで自身の頭の中にある情報をアウトプットすることで、誰かの役に立つということが、新たな価値を生むことに繋がります。
 
 
あなたが持つ情報を知らない人はきっといますよね、さらにスグにでも必要としている人がいるかもしれません。
 
 
その人たちを集め、
喜ばれる様な知識やスキルをコンテンツ化して提供すると、それって価値になりますよね?
 
つまり有益だと感じてくれた人は、お金と交換してくれるかもしれません。
 
そしてそれらは、インプットを続けることで、増やし続けることができるわけです。
 
 
ここが大きなポイント。
 
 
 
「肉体」と「時間」を価値として雇用主に提供する労働は有限であり、
会社が定めた時給や日給、月給で制限されてしまうのに対し、
 
 
「知識」や「スキル」または「ノウハウ」を自分で提供すると、
自分自身の価値の提供であり、オリジナル性を追求していくことで、
その価値はいくらでも高まります。
 
 
そしてインプットを続けることで、
無限の価値を自分自身で生み出すことが可能になり、
 
 
つまりは、収入の上限は無くなるということを意味します。
 
 
 
 
この可能性に気づいてしまうと…はっきり言って、
 
ヤバくないですか?
 
 
 
「汗水垂らして働いて得たお金には特別な価値があるんだ。」
 
「会社で働いて、ある程度生活できる給料がもらえればそれで幸せ。」
 
 
否定はしませんし、そうなのかもしれません。
 
 
 
ただ今の時代はもっと効率的に自由に生きれる環境が整っていて、自分自身の力で、必要なだけ稼いでいくことだって可能な時代であるというこも、否定のできない事実で、僕はそちらの人生に大きな魅力と可能性を感じました。
 
 
僕の例で言うと、ウーバーイーツの配達パートナー紹介制度を利用して自分のスキルに落とし込むことで、配達をしているしていない関係なく報酬を生む仕組みを作ることに成功してます。
 
 
 
そしてありがたいことに配達パートナーだけではなく、Uber Eatsのアプリも紹介して新規のeatsユーザーを増やすことにも貢献できる様になり、今では報酬も得れる様になりました。
 
 
 
語彙力が無く適切な言葉が見つからないのですが、つまり
 

『Uber Eatsは本当に自由で楽しい働き方だけど、いつまでも甘えてUberと手をつないだまま、AIに利用されているだけじゃぁ…さすがに5年後、10年後マズいよね?』利用する側に回ろうというお話です。

 
 
 
いくら労働の時給・報酬を上げようとしても必ず上限があります。
 
労働によって得られる10万円と、毎月10万円をもたらしてくれるネット上の仕組み・資産と、
 
あなたはどちらに魅力を感じ価値があると思いますか?
 
 
 
 
働き方や人生観など人それぞれ価値観は違うとは思いますし、ネット上でこうして利益を生む仕組みを構築することが可能なアフィリエイトなどは、否定的な見方・意見が多いのも知っています。が…多様な働き方・生き方が可能な時代になった今、
 
「時間に縛られない働き方」
 
「場所に縛られない働き方」
 
「組織に縛られない働き方」
 
 
そして精神的にも経済的にも自由な生き方…
 
 
これらを手にするために自分の人生を賭けてみるのも、1つ大きな価値があり、面白いのかなと僕は考えています。いつまでも古い価値観にとらわれている場合ではないなと。ウーバーイーツの配達をすることだけを目的にしてはいけません。
 
あくまでウーバーイーツの配達は手段。
 
会社員であれば『会社を利用してやる』くらいの志を持たないと、いつまでも会社という箱の中でしか生きられない人生で終わります。
 
 

 
 
そして、僕と同じ様な価値観であればぜひ行動を起こしてみて下さい。
 
 
 
副業・複業ブームが到来しているまさに今、自身の今の状況、働き方や生き方を客観的に見つめ直して、後々後悔しない様な人生を歩んで下さいね。
 
 
 
 
PS.
 
2018年10月。ウーバーイーツ配達パートナーとブログ運営をしながら今年8月で1年が経過していました。良い機会なのでこのブログ「UberLIFE」の累計収益をまとめてみました。
 
『ブログで稼ぐ』『ネットを使って副収入を得る』などにご興味がありましたら“生々しい数字”をコチラの記事でお伝えしてます。参考までに↓↓
 
The following two tabs change content below.
〝自分らしい生き方〟を真剣に考えた結果、30代中盤を目前に控えて2017年9月、サラリーマンの世界から一時離脱。Uber Eatsの配達パートナー兼ブロガーとしてWebメディアを構築、情報発信中。テーマは「雇われずにごはんを食べていける個人を増やすこと。」僕ができることから始め、僕にしかできないことを見つけ、〝自分らしく生きる〟を広めていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. Uber Eats(ウーバーイーツ)の招待コード入力は知人や友人でなければ無効な…
  2. ネットでごはんを食べると言うこと
  3. 2018年12月のアクセスを公開【PV数とアドセンス収益も公開】
  4. Uber Eatsの配達だけを続けても本当の自由にはなれない
  5. ブログ歴1年でこの数字でもあなたは逃げ出しませんか?【実績公開】

関連記事

  1. Uber Eats

    【UBER】自転車配達で僕がスマホホルダーの使用を辞めた理由

    こんにちは、ばっしー(@bassi11_)です。 つい先日、日…

  2. Uber Eats

    Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を墨田区からオンラインした結果こうなった

    この日は東京のUber Eatsの配達エリアの中では未経験の地、「墨田…

  3. Uber Eats

    バレンタイン直前!Uber Eatsのキャンペーン紹介【当選者の声】

    こんばんは、ばっしー(@bassi11_)です。 つい先日、U…

  4. Uber Eats

    Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げないまま消耗してる人へ5つの役立つヒント

    Uber Eatsの配達で稼げないまま苦労していた初期から早3カ月程度…

  5. Uber Eats

    Uber Eats Hanami 2018【体験レポート】

    お久しぶりです。ずいぶんとブログさぼっておりました。 この半月…

  6. アフィリエイト

    ネットでごはんを食べるための掟その1

    これからアフィリエイトに取り組むにあたって、必ず初めに脳内にインストー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

過去記事

今週の人気記事【 7 】

 【a】Uber Eats オーダープログラム

おすすめ記事

気軽に質問・メッセージ受付中!

友だち追加

毎月先着15名様☆必ずもらえる!

アメリカで活躍中!Uberドライバーに注目

インプットで差をつける▽

  1. アフィリエイト

    ネットでごはんを食べるための掟その1
  2. 運営実績

    ブログ歴1年でこの数字でもあなたは逃げ出しませんか?【実績公開】
  3. 戦略・思考

    【行動できない続かない理由】1年で結果が出なかった僕が解説します
  4. Uber Eats

    Uber Eats(ウーバーイーツ)の1000円割引クーポンが増殖し始めて1カ月…
  5. Uber Eats

    Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げないまま消耗してる人へ5つの役立つヒン…
PAGE TOP