公開日:2019年3月31日

Uber Eats(ウーバーイーツ)の体験談をシェア【40代男性】

はじめまして!
 
おーちゃんと申します。年齢(40代前半)
 
今回、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達が 無事 50 回終えることができたので 自分の体験談を書かせていただくことになりました。
 
とはいえ、この記事を書いている時点で 既に、配達が 100 回目を越えたので 今は 150 回目を目指しているところです。
 
この記事はUber Eatsに登録してからの 2019年の1月末〜2019年の3月中旬までに体験したことを元にした僕の体験談になります。お時間があれば、このまま読み進めていただければと思います。

 

1,Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をはじめたキッカケと理由

まず、僕が始めてみようと思ったのは、自分の住んでいるところの近くで Uber Eatsと書いてある緑色の四角いバッグを背中に背負って自転車に乗っている人を見かけたことから始まりました。
 
 
Uberという名前は、なんとなく聞いたことがあったのですが僕の記憶では、アメリカで個人がスマホのアプリを使って乗車希望している人に、自分の車をタクシー代わりにして乗せるサービスということでした。
 
なので、Uber Eatsと書かれた緑色のバッグを背中に背負って自転車に乗っている人を見たときは、どんな仕事をしている人なのか全然分からなかったので後々、気になりネットで検索してみたところUber Eats(ウーバーイーツ)という食事を飲食店から受け取って、配達するサービスがあることをその時、初めて知りました。
 
 
 
1回辺りの配達料が、400円〜500円ぐらいだということが分かったのと、パートナーセンターに登録を済ませれば、その日から仕事ができ1週間の売り上げが翌週に指定した自分の振込先の金融機関(銀行)に報酬としてお金が振り込まれるということが分かりました。
 
僕が、興味を持ったのもちょうどそのとき自分が本業にしている仕事の収入が激減していたのでこのままでは、生計を立てることができなくなると思って何かアルバイトでも探さないと!と思っていたので個人的には、スグにでもお金の支払いをしてもらえるところを探していたので本当に嬉しい条件でした。
 
 
登録自体は、簡単で自分の必要事項をネットで打ち込みスマホで自撮りした顔を登録したら完了でした。
後日、パートナーセンターに行くことになったのですが東京のパートナーセンターは、そのときの時点で新宿・秋葉原・恵比寿の3箇所でした。
 
時間が各パートナーセンターによって営業している日が違うので自分の都合の良い時間を考え、秋葉原のパートナーセンターに行くことにしました。パートナーセンターには、20代の男女のどちらかの方が登録作業をするため常時2〜3人、僕の担当は女の人で丁寧な対応をしてくれたので、スマホの操作の仕方もその時に教わりました。
 
 
でも、実際には仕事を始めてみるまでスマホの操作のことが何を言っているのか分からなかったのですが・・。wしかし、実際にUber Eatsをやり始めてからはスマホの操作は、最初だけ難しく感じましたが他に心配することは、ほとんどありませんでした。
 

2,配達をしている車両について教えて下さい

パートナーセンターでは、最初に自転車で配達をするのか?バイクで配達をするのか?を登録することになります。
僕は運転免許証を持ってなかったので、自転車を選びました。でも自転車は持ってなかったので秋葉原のパートナーセンターで登録した後にそのままドンキホーテに行き、自転車を購入しました。

 
ロードバイク・電動アシスト自転車・ママチャリの3パターンがあるのですが自転車に無駄なお金を使うのが勿体ないのと、お金に余裕がなかったので変速機のついた6段変速のママチャリにしました。
 
 
ただ自転車をこれから購入しようと検討している人で、お金に余裕があるのなら電動アシスト自転車を1番オススメします。というのも、東京はかなり坂道が多いからです。特に、港区・渋谷区・文京区は激坂の場所がたくさんあるので、ママチャリでは行きたくない場所です。w
 
新宿区も、かなり坂道が多い場所なので東京でUber Eatsをやってみようと考えてるなら電動アシスト自転車かバイクをオススメします。
 
とはいえ、僕はママチャリでやっているのでできないと言っているワケではありません。
 
 

3,配達するのはどんな時が多いですか?本業 or 副業?

僕は、Uber Eatsは副業でやっているので、時間の空いたときにだけやってます。

 
ネットを見ているとUber Eatsで日給2円を越えたと書いている人がいましたが都市伝説なんじゃないの?と思ってます。(つまり、嘘なんじゃないのかな?と・・。)というのも、実際に働いてみて日給を計算してみたのですがどう考えても1日中、働いたとしても2万円には到達できない気がしてならないからですね。
 
 
もし、日給2万円になるなら自転車で配達をするだけの楽ちんな仕事なので、30日毎日自転車を漕ぎ倒して月収60万円を稼いでいることでしょう。しかし現時点の計算では、とても不可能だと思えるのでUber Eats以上に稼げる仕事を本業にしてUber Eatsを副業にして稼いでいます。
 

4,Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット・デメリットを教えて下さい

メリット

メリットはノーストレスで週払いの支払いで仕事ができることです。

Uber Eatsは飲食店にて料理をピックして配達番号を伝え、自転車で配達、注文者に「お待たせしました!」と言って、食事を届けるだけの仕事です。他に会話と言ったら「ありがとうございました!」くらいでしょうか。
 
 
それ以外は基本的に、黙々と自転車に乗って配達をするということの繰り返しなので何もストレスのない気楽なお仕事です。そして大企業がしっかりと報酬を毎週支払ってくれるのでお金に困っている人でも、比較的早いサイクルで収入を得ることができます。
 
 
さらに良い点を挙げると、
 
働く日と時間は1週間の中で朝9時〜夜24時までの中で自分の好きなタイミングでやろうと思ったときにスグにやれることです。朝9時〜夜24時までの15時間中、最大12時間の範囲で配達することができます。
 
そして、シフトの提出や辞める1ヶ月前に辞めることを申請しないといけないとか、遅刻の罰則とかもないのが良い点です。
 
年齢制限は18歳以上であれば制限無しなので、たった今無職になってしまい仕事を無くした人でもパートナーセンターにさえ登録することができれば確実にその日から働くことができます。
 
 

デメリット

 
Uber Eatsをやっていて困りものなのは、天候によってやる気が削がれることですね。
 
雨・雪の日になるととても働く気になれません。 風邪を引く可能性があるのに雨が降る中、一所懸命にUber Eatsで、食事を配達する気にはなれなかったからです。でも、雨に濡れても平気なスマホカバーなどAmazonで購入してみたので、試しにやってみようかとは思ってます。
 
 
 

5,配達をする上で心がけたこと、実際に配達をしてみての気づき

・スマホホルダーの準備

 
Uber Eatsはネットで登録を済ませた時点で、やる気になっていたので必要そうだと思えるモノは、自転車を買う前からAmazonで買っておきました。 それが自転車に取り付けるスマホホルダーです。
 
このスマホホルダーですが、本当に役立つアイテムで購入しておいて本当に良かったと、初日から痛感しました。
 
 
もし、スマホホルダーがなかったらポケットにスマホを入れて、自分の進んでいる方向が合っているのかその都度、確認しないといけない為、物凄く不便だったと思っています。なので、スマホホルダーは買っておいた方がイイでしょう!
 
 
そしてスマホの充電器も用意しておくべきでしょう。
モバイルバッテリー 大容量24000mAhをAmazonで購入したのですが、1日使っても全然バッテリーが減りません。スマホの充電が切れたら、Uber Eatsの配達ができなくなるので、充電器は持っておいた方がイイですね。
この2つのアイテムの所持は必須でしょうね!
 
 

・街で見かけた配達パートナー

僕が街でUber Eatsの配達をしているとき見かける人の年代は、パっと見た感じでは20〜30代が多かったです。たまに、40〜50代の人を見かけたこともあったのでそのぐらいの年齢の人でも実際にやっていたので、年齢が上の人でもUber Eatsの配達を行うことができます。
 
 
他にも、外人さんで中国人・白人の方など海外の方も自転車・バイクに乗ってやっていました。そういう意味では、Uber Eatsは国籍問わず、そして年齢層の幅が広い仕事だと言えます。
 
 
 

・配達時間の目安

Uber Eatsの仕事をするにあたって心がけたいことをあげると、 1 回あたりの配達は、大体15〜20分ぐらいで配達することを意識すると良いと思います。
 
理由は、それ以上の時間がかかってしまうようでは、配達パートナーとしての適正に欠くと思うからです。注文者が注文してから何十分も経っているのに、食事が届かないと「まだ、到着しないのかな?」と感じてしまいますし食事も冷めてしまうからですね。
 
 
でも、そこまで配達するのが遅い人は稀だと思いますのでほとんどの人がUber Eatsの配達パートナーを問題なくできると思います。
 
 

・トイレ問題

 
それとUber Eatsの仕事をしていると困る点は、トイレに行きたくなったときですね。
 
この仕事は、ずっと外で自転車・バイクなどで配達する仕事なので、トイレに行きたくなったときはどこかで用を足す必要があります。僕の場合は、配達のないときに公園のトイレ、コンビニのトイレなどを利用しています。
 
こればっかりは、毎日のことなので仕方ないことだと言えますので、必然的にトイレがある場所も頭に入れながら移動してたりします。
 
 
 

・配達報酬について

 
登録したばかりの頃は経験上、時給換算したときの稼ぐ金額が低いと思ってます。
 
最初の頃は特に1回あたりの配達料が350円から450円ぐらいが普通なので正直、最初に配達を始めたばかりのときは心が萎えそうになりました。時給換算すると800円〜900円ぐらいだったら別にUber Eatsで稼ぐ意味が少ないかも?なんて思って、早々に辞めてしまったのかもしれません。
 
と言うのも配達しているときに昔、立ち食い蕎麦の400円ぽっち程度のお金を出すことを躊躇したほどに、この配達報酬で何か食事をしたいという気持ちにはとてもなれませんでした。
 
 
でも僕自身、稼ぐ金額が少ないと思ってたのですが、50回配達することを目標にやっていたので続けることができ、結果的に100 回以上続けることに繋がりました。
 
厳密に計算してみたら100回配達後でも平均金額に直すと1回の配達料が442円で11回の配達で4868円だったので時給換算ですと885円になりました。なので、Uber Eatsってどの程度、稼ぐことができるのか?というと時給換算すると900円未満もザラにあるということです。
 
 

・暇な時間帯

そしてUber Eatsは15時〜17時ぐらいの時間は、ほっとんど注文が入らなくなります。もちろん新宿・港区で注文を受けたことがないのですべてが同じだとは思いませんが、ほとんどの人が注文することのない時間帯なので、仕方ないかもしれません。
 
それを見越して15時〜17時頃はあえて自分の休憩の時間にあててしまうのもイイかもしれません。僕は、そんなときは Amazonで購入したけど全然、読んでないKindleに溜まっている本を読んだりしてピックのアラートが鳴るのを待っていたりします。
 
 

6,配達中、何かトラブルを経験していたらその対処法も含めて教えて下さい

トラブル事例1 Uber Eatsのアプリの操作

 
Uber Eats(ウーバーイーツ)のパートナーセンターでは、画面をタップすると言われていたのですが、何回タップしても「配達を開始する」というボタンを押すことができないまま時間が過ぎていきました。
 
今なら分かるのですが、「配達を開始する」と書かれたボタンはタップするのではなく、画面の右側に向かってスライドさせるものなんですね。
 
やってみたら、とても簡単なことなんですがパートナーセンターでの説明は、口で簡単に説明されるだけなので正直言って、実際の操作方法は分かったような分からないような…。しかも、Uber Eatsのサポートセンターは何回、電話をしても思うのですが本当に仕事がちゃんと分かっている人がいなくて、電話の度に「確認します」と言って電話を保留にしていなくなります。
 
こちらは急ぎで対応をしてもらいたいのですがどうも素人さんにテレフォンオペレーターをやってもらってるようなので、いつもヤキモキさせられます。
 
 

トラブル事例2 スープなどの汁物の配達

 
ネット上で、配達する時には汁物がこぼれないようにタオルでリュックの中のボックスの隙間を埋めてスープがこぼれないようにすると良いよ!と書いてあったので真似してタオルを2つ事前に用意して隙間を埋めました。しかし、それでもこぼれてしまうことがあるのでタオルは必ず用意しておくと良いでしょう。
 
 
これは、お蕎麦屋さんでピックしたときのリュックの中身ですね。
 
 
 
こちらは、マクドナルドでピックしたものですね。
 
左側のタオルで回りを囲んでいるのが汁物のドリンクです。右側はハンバーガーなどになるので、揺れても問題なので特にタオルで回りを囲まないで配達してます。
 
 
 

7,これから始める新規の配達パートナーへ注意点やコツをアドバイス

Uber Eatsの報酬を増やすにはコツがありクエスト、ブーストを組み合わせると稼げる金額が増えることが分かりました。ブーストは、一部の地域で報酬×1.1倍以上の倍率がついた報酬が加算されるものです。1回あたりの配達料が、442円だとしたら442円×1.1=486円になります。(Uberへの手数料35%があります)
 
 
それとクエストというものがあるのでそちらを活用することにしています。基本、クエストは◯回配達すればプラスで報酬が追加されていくというものです。きっとUber Eatsとしてもできれば短時間だけ働いてくれる人よりも、専属で長時間働いてくれる人が望ましいのでしょう。
 
 
クエストも最初の頃は、4回配達すれば400円追加されて達成後、さらに4回配達すれば800円追加されるという報酬が発生する仕組みになっていました。でも、1度それを体験すると次からは10回配達すると1500円の追加報酬が発生するという感じに回数と報酬額が上がっていきました。
 
 
10回配達が終わると、後20回配達して計4000円の報酬となるネクストステージへ。
 
それと料理をピック後、配達中に「新規の配車リクエストを停止」することも焦らないコツの1つです。
 
 
 
「新規の配車リクエストを停止」しておかないと、ピークタイムでは配達途中でピックの依頼が来てしまうことがあります。これをやっておくと配達中に別の飲食店からピックの依頼が来なくなります。最初の頃は、配達中でもピックがあったら取りに行かないと行けないんじゃないか?なんて思ってしまうかもしれませんが、全然そんなことないです。
 
そしてキャンセルするよりも最初から受け付けないようにすれば、飲食店からピックのピローン♪という音が鳴らないので、気にすることなく配達に集中できます。
 
 
 

終わりにあなたが感じたUber Eats(ウーバーイーツ)をどうぞ!

ここまで記事を読んでくれたあなたならきっとUber Eatsをやってみようっ!と考え始めている人かと思っています。
Uber Eatsは、ちゃんと配達すれば翌週には銀行にお金が入金されています。そして仕事の内容はとても簡単な仕事です。
 
今でも、この仕事をやってて難しいと思ったことは 一つもありません。ノーストレスで毎日のように配達しています。
 
それとこちらのサイト管理人さん経由で、登録すれば50件の配達を配達し終えた翌週に、報酬としてお金を銀行に振り込んでもらえました。
 
で、無事に配達をすることができれば注文者さんから「ありがとう」「お疲れ様」などの言葉をよくいただけます。こんなに自由で、シフトのない仕事は他に探してもまず見当たらないことでしょう。
 
 
 
なので、仕事や副業を探している状態だとしたら ぜひ、試しにUber Eatsをやってみると良いと思います。損を感じる部分のない仕事ですしUber Eatsと別の仕事を併用して副業としてお金を稼ぐのもありだと思うので、
 
失敗を恐れずに挑戦してみると良いでしょう。
 
あなたが、ここに書いてあることを読んで役立ててもらい成功することを祈ってます!それとここまで読んでくれて、ありがとうございました!!
 
 
 
PS.
 
今回、初めてということでおーちゃん様には報酬もわりと高めにお支払いさせて頂きました。
 
今後、現役配達パートナーさんでウバ活&クラウドワーカーとして記事を書いて(練習したいでも構いません)報酬を得たい方は、当ブログUberLifeをブックマーク、または要チェックしといて下さい。不定期でテーマを設けて募集する予定です。
 
メリットとしては、月間4万5千PVに達したメディアに無料で掲載でき(ご自身の宣伝、または商品・サービスをお持ちでしたら宣伝ok)、報酬も得られるということです。
 
 
・ツイッターのアカウントと一緒に掲載いたします。
 
応募条件は僕のツイッターのフォロワーさんであること。なお現役Uber Eats配達パートナーさんでツイッターアカウントを持っていないという場合は、ぜひツイッターは絶対やった方がイイ!と声を大にして言っておきます。
 
ツイッターの最大の特徴としては、リアルタイムで情報を手にできる即時性に特化した情報ツールであるということ。これはUber Eatsの配達をする上でとても有効です。
 
気軽にフォローして下さいね!下記をタップ↓↓
 
 
以上、よろしくお願いします。
 
 
 
 

ピックアップ記事

  1. ブログ収益が月5万円突破してイキってたら悲報【グーグル神の制裁】
  2. 2018年12月のアクセスを公開【PV数とアドセンス収益も公開】
  3. Uber Eats(ウーバーイーツ)の招待コード入力は知人や友人でなければ無効な…
  4. Uber Eats(ウーバーイーツ)アフィリエイトの教科書2.0
  5. 最近のUber Eatsの変化と依存リスク

関連記事

  1. Uber Eats

    Uber Eatsの配達inさいたま市エピソード【逃げちゃダメだ】

     こんにちは、ばっしー(@bassi11_)です。 あれや…

  2. Uber Eats

    Uber Eats(ウーバーイーツ)の口コミ掲示板【注文者の声】

     ご訪問いただきありがとうございます。 Uber Eats…

  3. Uber Eats

    Uber Eatsの配達in豊島区エピソード10/23区 【リスニング】

    今週前半は関東の空は雨模様ですね。本日は地域により雪という情報も。極寒…

  4. Uber Eats

    Uber Eats(ウーバーイーツ)の招待コード入力は知人や友人でなければ無効なのか?

    おはようございます、ばっしー(@bassi11_)です。ついこの前新年…

  5. Uber Eats

    Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を墨田区からオンラインした結果こうなった

    この日は東京のUber Eatsの配達エリアの中では未経験の地、「墨田…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2019年8月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

過去記事

今週の人気記事【 7 】

【a】Uber Eats  フード デリバリー注文

おすすめ記事

気軽に質問・メッセージ受付中!

友だち追加

毎月先着10名様☆必ずもらえる!

アメリカで活躍中!Uberドライバーに注目

インプットで差をつける▽

  1. Uber Eats

    Uber Eats(ウーバーイーツ)の1000円割引クーポンが増殖し始めて1カ月…
  2. アフィリエイト

    Uber Eats(ウーバーイーツ)アフィリエイトの教科書2.0
  3. アフィリエイト

    ブログ収益が月5万円突破してイキってたら悲報【グーグル神の制裁】
  4. アフィリエイト

    【注意喚起4選】情報商材インテリジェンス
  5. アフィリエイト

    ネットでごはんを食べるための掟その1
PAGE TOP