UberEATS

最近のUberEATSの変化と依存リスク

3月初旬、UberEATSの配達で街を自転車でいつも通り爆走していると、暑いくらいの気温。1週目はとても暖かい週末でした。春もすぐそこ!配達員にとって稼働しやすい季節が間もなくやってきますね。
 
 
そんな春を予感させる3月1日。UberEATS配達員にとっては朗報ではないかと思うニュースが飛び込んできました。
 
 
 
働く場所を自ら選択し自由に移動できるUberEATS配達員の未来
 
UberEATSが複数の都市で配達可能になったことにより、東京と横浜を自由に配達で行き来出来ることになりました。そしてこれはまだ序章に過ぎないと考えています。
 
 現在は東京23区と横浜の一部地域のみになりますが、今後は既に募集をしているという大阪。あるいは東京と横浜を結ぶ川崎市エリアなどにも近々広まるという噂もあり、時間の問題かもしれない。
 
 僕のこのブログUberLIFEより配達パートナーのご登録をして頂いた方の中には、最近になり大阪や福岡でのご登録を希望されている方も出てきています。
 
 
 
 
 このまま仮にあと5年。2023年頃までに、UberEATSのフードデリバリー事業が更に拡大し、大阪・名古屋・札幌・福岡、など日本全国の主要都市に順調に広がり続けることが出来たなら、日本全国好きな都市に移動し自由に配達する。
 
 という働き方も、可能性としては十分考えられると思っています。むしろそうなる事を想定しつつ、今のうちに準備をしています。
 
 
「副業」と「複業」
 
僕自身は、UberEATSの配達パートナーを去年の夏から始めているわけですが、それと並行して「複業」を行っており、それが自身のWebメディアの構築です。
 
このブログがその1つであり、UberEATSに関しての情報発信を軸に今後、僕が目指す“旅を続けながら仕事もできる”極めて自由度の高い個人に昇華するための1つの手段であり、リスクヘッジでもあります。
 
 
なぜ、Webメディアの構築なのか?ブログで情報発信なのか?僕が思っていることを言葉にしてくれている方たちがいました↓↓
 
 

 
僕自身ブログは、配達の仕事と同じ位の時間や労力を割いてるわけで、今となってはどちらが本業で、どちらかが副業という考えは余りありません。どちらも“同じ位の時間と労力を注いでいるため”つまり副業というよりは、「複業」に近い意識です。
 
 
そしてリスクヘッジと書きましたが、この場合の意味は収入の分散化を意味します。
 
 
例えば、あなたが会社から毎月のお給料を30万円をもらっているとします。ですがそれは‥膨大な残業をこなして、やっと得られる30万円です。ここで、残業を一切せず早く帰宅し“複業”としてUberEATSの配達を始め、
 
 
第二の収入8万円が入る様になったとします。残業がゼロになり、会社からの収入が20万円まで激減。UberEATSの収入8万円と合わせると、計28万円の収入になりますね。これを“副業”としてとらえると、
 
 
“2万円減ってるやん?”
 
 
“副業の意味無くね?”
 
 
と、なるわけですが、「複業」の視点でとらえると、収入の分散化、リスクの分散化が出来ている状態と言え、安全性や幸福度は後者の方が高いと言えるはずです。
 
1つの「安定」に依存するというリスク 
 
UberEATSの配達を続けて半年が経過しますが、つい最近、複業の大切さを改めて感じるちょっとした変化があったと同時に、危機感を覚えています。
 
1つは以前に少し触れましたが、配達員のインセンティブが昨年と比べ、どんどんと減額されてきている事実。ブーストの倍率に関しても、開始当初に比べると下がってきている印象です。
 
 
 
そして今月↓↓
 
 
 
 
配達パートナーの紹介報酬が3万円から1万円に減額されたこと。ちなみに3月5日より、新しく登録して始めた際(新規配達員様)の30回配達達成後の報酬ボーナスはゼロになります。(恵比寿のUBERオフィス“ナガハマ”で確認済)
 
 
まぁ、こうなることは記事にもチラッと書いてましたし、分かってはいたんですけどね。UBERの心地よさに依存したままではイケナイなぁと、改めて思い直した今回の告知でした。
 
 
 
 
 
今だから言えますが、「就職」あるいは「会社」という場所は、“養ってもらっている状態”だと思うんですね。つまり「他者依存」の状態から抜け切れていない状態です。
 
給料は定期的ではあるが微々たる昇給。ボーナスも期待できない。突然、解雇を宣告されれば明日から路頭に迷うリスクも‥。そもそも定年まで今の会社が存続している確率は‥?
 
解雇や倒産後はまた、ゼロから再就職‥?歳を重ねるに連れて、再就職は特別な能力か人脈があれば別ですが、一般的に難しくなっていくのが今の日本社会です。運良く再就職が出来たとしても、給料は以前の半分程度、なんてこともザラ。
 
 
 
 
そんな状態を一生続けることが果たして安定なのか!?・・・逆にリスクなのでは?っと、今ではそんな考えに落ち着いています。
 
自分で稼ぐために学習し、その仕組みを早めに何個も作ってしまった方が、長い人生というスパンで考えた時、お金のために働く時間というのは恐ろしいくらいに減らすことが可能なんだろうなと気づきました。
 
 雇われずに自由にごはんを食べていく方法・選択肢はありますし、いくらでも学べる情報やツールは揃っている時代ですからね。
 

 

 

The following two tabs change content below.
〝自分らしい生き方〟を真剣に考えた結果、30代中盤を目前に控えて2017年9月、サラリーマンの世界から離脱。現在はUberEATSの配達員をしながらインターネットのメディアを構築、情報発信中。テーマは「雇われずにごはんを食べていける個人を増やすこと。」僕ができることから始め、僕にしかできないことを見つけ、〝自分らしく生きる〟を広めていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. UberEATS(ウーバーイーツ)で稼げないまま消耗してる人へ5つの役立つヒント…
  2. 【行動できない続かない理由】1年で結果が出なかった僕が解説します
  3. 【注意喚起4選】情報商材インテリジェンス
  4. ブログ歴1年でこの数字でもあなたは逃げ出しませんか?【実績公開】
  5. ネットでごはんを食べると言うこと

関連記事

  1. UberEATS

    UberEATSの配達in新宿区エピソード12/23区【妙なテンション】

    さて、新宿区でのウーバーイーツ配達日報、の前に!最近、ブーストが1.1…

  2. UberEATS

    UberEATSの配達in目黒区エピソード6/23区 【予感】

    さて、23区の配達制覇6日目ということで目黒区へと進出。と言っても目黒…

  3. UberEATS

    UberEATS配達員が自転車レンタル赤チャリ卒業を語る2018

    UberEATS配達員を始めてから早5ヵ月。ついにこの日を迎えることに…

  4. UberEATS

    Uber Eats Hanami 2018【体験レポート】

    お久しぶりです。ずいぶんとブログさぼっておりました。 この半月…

  5. UberEATS

    UberEATSの配達だけを続けても本当の自由にはなれない

    ◇ 副業でUberEATS配達員の収入は1週間で??円【続-完全公開】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去記事

今週の人気記事【 7 】

おすすめ記事

気軽に質問・メッセージ受付中!

友だち追加

アメリカで活躍中!Uberドライバーに注目

インプットで差をつける▽

  1. UberEATS

    ウーバーイーツの1000円割引クーポンが増殖し始めて1カ月の経過報告
  2. アフィリエイト

    なぜアフィリエイトなの?
  3. UberEATS

    最近のUberEATSの変化と依存リスク
  4. 戦略・思考

    【行動できない続かない理由】1年で結果が出なかった僕が解説します
  5. 運営実績

    ブログ歴1年でこの数字でもあなたは逃げ出しませんか?【実績公開】
PAGE TOP