UberEATS

UberEATSの配達in世田谷区エピソード7/23区 【ロングライド】

23区のウーバー配達の挑戦7日目は、世田谷区へと初進出。稼働したのは2/24日(土)の夜のみ。実際にUberEATSの加盟店が世田谷区のどの辺りに分布しているのか、何も調べずにあえて無知のまま挑みました。

まさに「未知なる領域」

そして後から調べて分かったのですが、世田谷区は23区の面積でベスト2位に入る大きさの区になるそうです。(ちなみに1位は大田区でコチラもまだ未知なる領域。)

 
 
 

最寄り駅の「目黒駅」から目黒通りを南下して環七を北上するルートで、ひたすら自転車をこぎます。僕が第一に目指したのは、「下北沢」で、何となく1番気になっていた場所だ。

駅を中心に商店街が複数広がり、結構な賑わいがある。そして雑貨店をはじめ、飲食店に関しても種類が豊富に揃っていることは過去に何度か訪れており、頭のなかにあった。住みたい街ランキングでもいつも上位に食い込む街として、UberEATSも進出しているのではないかと、、、そう真っ先に思っていました。

もう、結論から言おう、、

 

それは、、、“単なる思い込みだった”

 

世田谷区のUberEATSの加盟店で今回配達した店舗

環七をチャリンコ爆走中に、記念すべき最初の注文“ピコリン”が鳴り、なんと初めて三軒茶屋という地へ突入。駅名や地名はもちろん知っていたものの、訪れたのは初で意外と駅周辺が賑わっていたのが印象的。

 

17:54 焼肉うしお 三軒茶屋店

 

18:32 AFURI 三軒茶屋店

 
 

19:17 Laboratorio(ラボラトリオ) 世田谷代田

 

20:23 ラ・ベファーナ 下北沢

 
 
 
« 世田谷区ではありません »
20:55 大戸屋ごはん処 笹塚駅前店(渋谷区)
 
 
世田谷区に限ってはわずか4件という。決してヤル気がないわけではありません。が‥クッソ!みたいなインセンティブであることに加え、初めての土地で夜間ということもありマイペースに散歩しておりました。笑
 
 
 
この日、昼間は港区・渋谷区で稼働していますからね!(言い訳)
 
 
 
 
 
 
 
コレだけでは情報があまりにも少ないため載せておきます。下北沢駅付近でUberEATSアプリを起動して検索してみると、、、↓↓
 
 
 
 
土曜日の夜でこの程度だった気がする。あったとしてもあと2〜3店舗。意外と店舗数が少なくて!?表示されずに驚いたのとガッカリしたのと。。。
 
 
世田谷区にてウーバーの配達を自転車で行ってみて感じたこと

まず今回のUberEATSの配達は夜の挑戦だったということもあり、主要道路を一歩外れると、住宅密集地がひたすら続く世田谷区の広さ暗さ人気(ひとけ)の無さそして極寒の2月というのが何より辛かった。

 

そして、見知らぬ土地で案の定、定番の住所と違う位置にピンが仁王立ちしているという‥ピンズレも発生。住宅街は思いの外暗いんですよね。。道路脇にある番地の表示が暗くて本当に見えづらく、1件28分なんていうあり得ない時間を要する案件も。

 

さらに、

UberEATSの加盟店があるとしたら、やはり駅周辺で人が多く集まるところというのは容易に想像はつき、また世田谷区内は広く、複数の路線に駅も多く点在するが‥1つ1つの駅周辺に飲食店の数が、
 
 
“さほど多くはないのかも!?”
 
と言うのが第一印象。もちろん賑わっている駅も存在するが、いつものウーバー配達のホームタウンである港区や渋谷区と比べてしまうと、1つの駅周辺であっても飲食店の絶対数は多いとは言えない気がする。
 
 
 

そして今回1番強く感じたことが、

“ロングライド”であること。

 

各店舗でピック後のお客様の家までの走行距離と時間が長いという点。(乗車の詳細の通り全て2km超え)世田谷区の1つ特徴かなと感じた部分。時間が遅くなるに連れてロングのピックも増えてくる。これはまぁ世田谷区に限ったことではありませんね。

現在地が下北沢にも関わらずコチラは確か渋谷方面からの呼び出しだった。一応、タップをしてピック先の店舗とおよその時間を計算して、キャンセル案件(このウーバーのアプリの11分という表示はアテにしてはいけない。)▽

ちなみに僕は、この様に10分以上のピックは余程のことがない限り、最近では全てキャンセル。通常は5〜6分までは受けます。およそ店舗まで〜2km前後、最大で3km未満までなら許容範囲。10分以内にお店までたどり着けないと推測できる案件は、自転車配達員にとってはキャンセルした方が無難かと思います。

あくまで僕の主観。

極寒の2月の夜の暗い路地、人気(ひとけ)の無い広大な住宅密集地を、ひたすら自転車で配達するという世田谷区を、正直、僕は過酷だなと今回感じました。

 

そして気になったので少し調べてみた。

世田谷区の飲食サービス業の事業所数ランキング
気になって調べてみるとこんなデータを発見したのでここに引用させて頂きます。ただし、宿泊業を含む点、取得データが少し過去のものになる点は注意。
 
 

 

“世田谷区は8位だと・・!?”

ベスト10に入ると言うことはそれなりに店舗数はあることが判明。今回僕がUberEATSの配達で周ったところは、ごくごく一部であるということだろう。
 
世田谷区の中央付近を小田急線が走り、個人的にもう1つ気になる駅「二子玉川」からは東急田園都市線大井町線なんかも走ってますからね。この世田谷区をUberEATSが攻略できたら、相当な利用者数の増加を見込めると、データを見つつ感じました。なぜなら、
 
 
 
“23区の中で世田谷区の人口は第1位なのです”
 
 
さすが住宅密集地です!
 
 
終わりに
今回僕が配達をしたのは、世田谷区内のごくごく一部、“ほんのひとつまみ”程度だと思いますが、今後、世田谷区で稼働を考えているUberEATS配達員様へ1つだけ伝えておきたいこと。それは、
 
 
 
“自転車で配達はオススメしないぜ!”
 
 
という一言に集約されます。この広大な世田谷区という土地の中で、複数の路線の駅(UberEATS加盟店)を周るということは、かなり体力と根性が必要だと感じました。
 
 
そしてブーストの倍率も1.1倍と、それ以外は見た記憶がない。“稼ぐ”という点にコミットするならば、世田谷区は自転車ではなく、原付きバイクでの配達を推奨します。そして僕個人としては、港区や渋谷区を捨ててまで、世田谷区へ配達をしに行くというメリットを何1つ見つけられません。よって、、、
 
 
 
今後おそらく配達で行くことはない。そう思います。
 
 
 
 
PS.
 
最近思うのですが、インセンティブがもはやインセンティブと呼べるレベルでは無くなってきている気がします。
 
 
“ひどすぎる”
 
一昨年、昨年から配達をこなしている配達員様なら感じているはず。加盟店・配達員・利用者の三者ともに右肩上がりに増加していれば、完全な成果報酬型として支払われるインセンティブを削る意味が分からないのですが‥
 
 
 
※昨年2017年、11月のインセンティブ▽
 
 
 
 
※2018年2月のこの日のインセンティブ▽
 
 
 
日本または世界のUberEATSという事業のどこかに“歯車の歪み”(ひずみ)が生じてきているのかなと、感じつつあります。その歪みが「配達員の飽和」に起因するなら、はっきり言って黄色信号かもしれない。
 
 
何れにせよ、こうした外部の事由で収入が左右される状態や、1つの収入源しか持たない状態に危機感を持たなければならない時代に、すでに突入しているという事実にまず気づくこと。
 
そして最も素人が最小限のリスクで始めやすい1つの方法が、自分のWEBメディアを持つことであり、ブログもその1つの手段になります。「ブログ」は絶対に今からでも始めることをオススメします。
 
 
今後また、その理由や可能性について、詳しく記事にしますね。
 
 
 
The following two tabs change content below.
〝自分らしい生き方〟を真剣に考えた結果、30代中盤を目前に控えて2017年9月、サラリーマンの世界から離脱。現在はUberEATSの配達員をしながらインターネットのメディアを構築、情報発信中。テーマは「雇われずにごはんを食べていける個人を増やすこと。」僕ができることから始め、僕にしかできないことを見つけ、〝自分らしく生きる〟を広めていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 最近のUberEATSの変化と依存リスク
  2. 【注意喚起4選】情報商材インテリジェンス
  3. 【行動できない続かない理由】1年で結果が出なかった僕が解説します
  4. 【進化型】モバイルボヘミアン
  5. ネットでごはんを食べるための掟その1

関連記事

  1. UberEATS

    ウーバーイーツの初回クーポン500円で食べるタダ飯10品

     本題に入る前にお知らせです。 UberEATSの期間限定…

  2. UberEATS

    UberEATSの配達in目黒区エピソード6/23区 【予感】

    さて、23区の配達制覇6日目ということで目黒区へと進出。と言っても目黒…

  3. UberEATS

    ウーバーのアカウントが停止してしまった話まとめ【凍結注意】

    おはようございます。ばっしー(@torui11)です。 先…

  4. UberEATS

    UberEATSの配達in渋谷区エピソード2/23区【大戸屋の奇襲】

    渋谷の街も、UberEATSの加盟店舗数でおそらくベスト4には確実に入…

  5. UberEATS

    ウーバーイーツ“雨の日もウバ活”イベント【体験レポート】

    お久しぶりです。梅雨が6月中に終わってしまい今年の夏は7月・8月のまる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去記事

今週の人気記事【 7 】

おすすめ記事

気軽に質問・メッセージ受付中!

友だち追加

アメリカで活躍中!Uberドライバーに注目

インプットで差をつける▽

  1. アフィリエイト

    ネットでごはんを食べると言うこと
  2. UberEATS

    ウーバーイーツの1000円割引クーポンが増殖し始めて1カ月の経過報告
  3. 運営実績

    ブログ歴1年でこの数字でもあなたは逃げ出しませんか?【実績公開】
  4. アフィリエイト

    なぜアフィリエイトなの?
  5. UberEATS

    最近のUberEATSの変化と依存リスク
PAGE TOP